ストレスは風俗嬢に癒してもらう

楽しいことが無いからこそです

日常生活の中で、これと言って特に楽しいことがある訳ではありません。仕事のモチベーションも高くはありません。むしろ低いくらいですよね(苦笑)結局頑張ったところで何もないだろう…みたいな(苦笑)だから風俗で遊ぶんですよ。気軽に非日常感を味わえるだけではなく、遊べば楽しいのも分かっていることじゃないですか。高値安定というか、とりあえず風俗で女の子との時間を過ごすと、つまらない日常生活にちょっとした刺激が得られるなって。だからこそ、風俗の価値はとても大きいものがあるんじゃないのかなって思いますよね。自分でも思うんです。仮に風俗が無かったら自分の人生はきっと物凄くつまらないものになっていたんじゃないのかなって(笑)そんなことを考えてしまうくらいなので、やっぱり風俗ってとっても大切というか、男にとってありがたいものなんじゃないのかなって思いますよね。実際自分も風俗にはこういった形で助けられているんですし。

センス溢れるものでしたよ

センスの溢れる騎乗位でした。あれは教えてもらって簡単に出来るものではないんじゃないかなって。騎乗位の素股こそ、風俗嬢としての実力の見せ所だと思うんですよ。どれだけのものを見せてもらえるのかによって、こっちの満足度が全然違うんです。この前遊んだTさんの騎乗位素股はセンスの溢れるものでした。あれは男のことをよく分かっている騎乗位でしたね。あれだけセンスの溢れる騎乗位を見せてもらったら感謝の気持ちだけではなく、興奮もまた、最高潮になりました。上下と前後運動を上手く組み合わせて、なおかつこちらの顔文字ッと凝視してくれて。その時の表情もそそられるものだったのは言うまでもありません。いろんなことを楽しめたなって思いますけど、彼女のような上手な風俗嬢との一戦では満足感も高まりますよね。あれだけのことをしてもらえたというだけで、自分の中で最高の時間を演出することが出来たんじゃないのかなって思いがあるんですよね。